晴天の霹靂

びっくりしました

2024-05-01から1ヶ月間の記事一覧

『マッドマックス:フュリオサ』 ~前作を好きすぎる自分がちょっとノイズ

『マッドマックス:フュリオサ』観てきましたよ。顔にグリース塗りたくなる系映画。 www.youtube.com ここはひとつ鑑賞前に気合を入れるべきだろうと思ったので過去のマッドマックス3部作を全部見直し、前作フューリーロードのKindle Unlimitedに入っていた…

5月に買った電子書籍10タイトルくらい

買った本を月ごとに振り返ったりするようになると「今月は新しく買った本が少なくて、代わりに漫画が多めだったかなあ。てへ」というような言い訳をなぜか毎月書いてることに気付きます。いかに子どものころの「漫画ばかり読んでたら馬鹿になる」という洗脳…

『関心領域』 ~どこをとっても居心地悪い

『関心領域』観てきました。 ずっと変な音がしていたよ。 www.youtube.com こんなにわざわざ計算され尽くした「不愉快な映像」を観る機会ってのもなかなか無いな、と思いつつ観ましたが、非常に面白かったです。 予告映像ではアウシュビッツ収容所の隣で暮ら…

花の名は。

農産物直売所で見かけて突発的に買ったローズマリーの苗に、いつの間にかぽろぽろと青い花が増えている。 「雑草みたいにむやみに丈夫なハーブらしい」と聞いたのでなんとなく雑な心持ちで植えたものが、こちらの気持ちにいじけることなく地道に花を咲かせて…

なんでも水出し最強説

近頃、飲み物はなんでも「水出しが便利じゃない?」という結論になりつつあります。 思い起こせば水出し方式にまず目覚めたのはウォータードリップコーヒーからでありました。 iwaki(イワキ) 耐熱ガラス コーヒーサーバー ウォータードリッパー ウォータード…

良い陽気になると

野菜直売所でルバーブが売っているのを見つけたので買ってきてジャムにしてみた。 ずっと昔お菓子づくりの本ではじめてみかけて 「あんなフキみたいな見た目のものを甘くするというのはどういう食べ物なんだろう」と興味津々だったものだが、買ってきてかじ…

猫ちゃん目線ジェネシス~動画の夜明け

最近の動画編集ソフトがどんな感じになってるのか知りたかったこともあって、うちの子の動画編集を手伝いました。 www.youtube.com どれがいいのか全然わからなかったのでPowerDirector 365というソフトを試しに使ってみたんですが、自動書き起こしとか自動…

トーマス・マン『魔の山』~ソフトクリーム小説の最高峰

今月のNHK100分de名著がトーマス・マンの『魔の山』なので即効テキストを買いました。待っておりました。 NHK 100分 de 名著 トーマス・マン『魔の山』 2024年 5月 [雑誌] (NHKテキスト) NHK出版 Amazon 『魔の山』という長い小説が好きなん…

『猿の惑星/キングダム』~猿に翼

『猿の惑星/キングダム』観てきましたよ。 猿かっこいい。 www.youtube.com 基本的にはひたすら猿のかっこよさを愛でつつ「ろくなことにならないからしっかり人類滅ぼしておいたほうがいいよ」とハラハラする2時間半でした。 猿の惑星も新シリーズになって…

『父が息子に語る壮大かつ圧倒的に面白い哲学の書』 ~汚言について回想する

今読んでいる大変おもしろい本。 父が息子に語る 壮大かつ圧倒的に面白い哲学の書 作者:スコット・ハーショヴィッツ ダイヤモンド社 Amazon まったく覚えられない安っぽいタイトルはどうなんだって話はさておき。近頃の新刊は「斎藤幸平氏絶賛」の帯が付きす…

『その「おこわわり」、おれにもくれよ!!』~感染性おこだわりの危険及び緑茶のりちー

先月の末くらいから「寝る前に清野とおるを読む」という癖がついてしまい、すっかりやめられない。 『東京怪奇酒』『東京北区赤羽』と読んできて、今『おこだわり』にさしかかったところである。 その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(1) (モーニングコ…

コーヒースカッシュ日和来る

素晴らしい陽気の連休土曜日、こんな日には風に乗ってもっと遠くへ行きたくなるな、と思いながら池の端を歩いていると、本当に風に乗った桜の花びらが次々どこかへ行くところだ。 冬を耐え忍んだ北国の面々は、散りゆく桜の下で貸しボートに乗って何か外国語…

今年のベランダ菜園事情

昨年末、近所のお米屋さんで縁起物として新しい5円玉をくくりつけた稲穂をもらった。もらった時はうれしいのだが、はていつまで置いといて大丈夫なものかどうか良くわからないなと思っていたところで「そもそも種子なんだから植えればいいじゃん?」と素敵な…

アキ・カウリスマキ『罪と罰』~そう言われてみればそういう話しだった

Amazonビデオのラインナップを見て、最初は目を疑ったものです。 全然知らなかった。アキ・カウリスマキの長編デビュー作が『罪と罰』だったなんて。 罪と罰 (字幕版) マルック・トイッカ Amazon 誰が言ってるのか知らないけれど「フィンランドの小津」こと…