晴天の霹靂

びっくりしました

愛と羞恥心の間で可愛い珈琲

近所に、散歩の途中で見つけた奇跡の珈琲豆屋さんがある。

我が家の周辺はいい珈琲豆屋さんがやたらにたくさんあって、どの店に行くのも楽しいのだけど、中でも一軒だけ、値段がちょっとおかしいところがある。

クオリティに比べて、値段が安すぎるのだ。

個人で豆を仕入れて毎日手作業で焙煎してるとなれば、

「いくらまとめ買い価格とはいえ、この値段になる道理はなかろう?」

と、素人ながらに心配になるくらい安い。

 

安くて美味しくて家から近いとなれば、自然その店に最も頻繁に足が向かう……ことになるはずだ、理屈では。

ところが珈琲豆の缶の底が見えてきて、「ああそろそろ買いにいかないと」となった後もついグズグズとした挙げ句、いったん別の店に買いに行ったりしてしまう。

安くて美味しいならばそれで最高なはずなのに。

それ以外にいったい何の不足があるかと問えば、これが痛恨の、珈琲豆の名前がやたらに可愛いのである。

 

どこの珈琲豆屋さんに行ってもだいたいは

「マイルドブレンドとフレンチブレンドを100グラムずつください」

くらいのことを言えば、たいていほしいものが買えるものだ。

 しかし、その店だけはなぜか

「『ほっこりふんわり』と『そよそよ風さん』を100グラムずつください」

くらいのことを言わなければ欲しい物にたどり着けない。

時勢柄マスクをしているから、カウンターの前で相手の目を見ながらきっぱりはっきり大きな声で伝えなければならぬ。

やってみるとイメージトレーニングしていたときの数倍恥ずかしい。

 

値札に「ほっこりふんわり(マイルドブレンド)」くらいのことを書いておいてくれれば、根性のないやつは頭を垂れてカッコ内を読めばいいんだな、と思うところだが、この店にはそのような甘やかしはない。

かといって、「これ」と指をさせば伝わるような大きな商品陳列棚があるわけでもない。

豆の名を決然と呼べない軟弱者は望みを捨てて踵を返すしかないのだ。

珈琲の香りの中で試される羞恥心と愛の分水嶺。今こそ渡れルビコン川を。

 

ところが事ここに至って私は、大変な発見をした。

その店は、インターネット販売があるのだ。

少し多めに買えば、道内なら店頭と同じ価格で送ってもらえるではないか。

「これだっ!」

と確信した私は「ほっこりふんわり」と「そよそよ風さん」を半月分注文した、無言で。

そして「ほっこりふんわり」と「そよそよ風さん」は、翌日には手元に届いた、無言で。

 

なんという革命。

これで私の珈琲生活は当分安泰ではないか。

もう年甲斐もなく途中で赤面したり、大事なところでトチることに怯えたりせずに美味しい珈琲が毎日飲める。

そのようにして手に入れた豆を挽きながら私は思った。

あの店がなぜよそより明らかに安いのか。

もしかして、オーナーが「誰かがちょっと恥ずかしいことを言って照れている様子を見る」ことが三度の飯より好きな人、なのではあるまいか。

だから「ちょっと照れくさいことを言ったお駄賃」として本来の商品価格から何割か割引して設定しているのだとしたら。

それを郵送してもらうことによって私はオーナーが自腹切ってまで楽しみにしている道楽を奪い取ってしまったことになるのではないか。

 

ああ、どうしよう、もしそういうことだとしたらどうしよう。

わたしは子供のころからとりわけシャイな質だと言われているから、ひょっとしたら新参の客の中では比較的オーナー好みの良い羞恥心を出していた可能性はある。

いいんだろうか、このまま無言で安くてかわいい名前の珈琲を飲み続ける生活を続けても。

 

ひたすらに安くて美味しい珈琲を求めて、結構色々経巡ってきたのであるが、安ければ安いで予想もしなかった心配事が起こるものなのだなあ、というのは、今回はじめて知った話。 

骨盤職人からのヨガ ~あの一歩はコレで出せるのか

昨年末に買った我が家のアイドル「骨盤職人」です。木でできている方です。

f:id:rokusuke7korobi:20210507184917p:plain

(大きさの把握のために横に大根を並べてみたはいいけど、小さい大根だったせいでわかりにくい。横にもうひとつふつうサイズの大根を並べるべきでした)


布団の横にスタンバイして毎晩欠かさず使っています。
寝る前に肩甲骨なんかほぐしながらKindleで読書してると
「あー、この時間が一番幸せだな」
とうっかり明け方まで読書しちゃったり、骨盤職人とKindle、禁断の組み合わせ。

 こういうときは長時間仰向けで持っていても疲れないKindle最強です。

 

 

ペルビス 骨盤職人 PV01

ペルビス 骨盤職人 PV01

  • メディア: スポーツ用品
 


普段から気になっている背中から肩甲骨をほぐし終わっても、本が面白くてやめられないときに、名前の通り、骨盤あたりもほぐしてみるようになりました。
尻なんかほぐしても痛いだけでそれほど面白いことはないんじゃないか、と思っていたのを、なんとなく惰性でやりはじめたのですが、これがなかなかやってみると興味深い。

 

 

ヨガをやる人なら知っている「ダウンドックの姿勢から一歩で足を両手の間に戻す」という難問がありますね。

f:id:rokusuke7korobi:20210507185634j:plain

太陽礼拝でスマートに前に戻る!『ステップイン』のコツとは?練習シークエンス付き - 趣味女子を応援するメディア「めるも」


最初のうちはどこの筋肉をどういう具合につかえば身体がそんなふうに動くのかさっぱりわからなくて
「そもそも人体はそういう設計になってないだろう!」
逆ギレすらしておりました。

小さいけれど人類には大きな一歩。
それでも続けるうちに少しずつできるようにはなってくるのが、まさにヨガのおもしろさ。

この懸念の一歩、
「お尻の筋肉が柔らかいと楽に前に出るのだ」
ということを、骨盤職人のおかげで突然発見しました。

 

ヨガしない人にとっては、ダウンドックから一歩で前屈の姿勢に戻れたから言って実生活にどういう役にたつのかと言うと悩ましいところではありますが、それだけ足が上がりやすいってのは、たぶん概ね良いことなんじゃないのだろうか。

 

しばらく腰痛でやめていたヨガを、暖かくなってきてまた再開したのです。

今年は骨盤職人と手を取り合って、故障をさけつつ長く続けられるように、またいろいろ研究しながらやっていこうと思うのでありました。
暦は初夏を迎えてヨガも骨盤職人も、わたしの中でいい具合に盛り上がってきている。

 

 

 

ペルビス 骨盤職人 PV01

ペルビス 骨盤職人 PV01

  • メディア: スポーツ用品
 

 安価でちゃんと使えるほぐしグッズが多い中、5千円超えの値段にちょっとびっくりはするんだけど、毎日使うと全然高いという気にはならないものでした。

やっぱり、細かいところがいろいろと非常によくできているなあ、と日々納得。

 

 

 


www.youtube.com

骨盤職人自体にハマっている人も多くて、使い方動画もたくさんある。

私が見た中で最も理路整然と使われていることに感動したのがバレリーナ石井久美子さん。

たぶん世界でもっとも有用な筋肉をほぐしている骨盤職人なんであろう。

もはや仰向けに寝てるだけでかっこいい。

 

 

ヨガの解剖学

ヨガの解剖学

  • 作者:中村尚人
  • 発売日: 2010/10/02
  • メディア: 単行本
 

 ついつい力任せに後屈のポーズをやりすぎて腰を痛め、しばらく安静→腰痛がなおったらまたヨガ再開→柔軟性ついてきたら、面白いのでまたやり過ぎて結局腰痛。

ということを繰り返している典型的に駄目なパターンの私ですが、結局ヨガは面白いのでなかなかやめられない。
故障回避のために結構いろいろ買って読んだけど、今のところ手元に残ってる一冊。非常にいい本です(結局故障はしてるので説得力ないけど、故障する理屈は非常にわかりやすかった)

 

 

今週のお題「おうち時間2021」

『ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1』~取られた人生、取り戻せっ

 

今更ながらの『ゲーム・オブ・スローンズ』を着々と見進めているGWです。

現時点でドラマが第1期の10話中の8話まで見終わったところで、小説は一冊目読み終わったあたり、ハマってるわりにはペースは全然早くない。

それというのも、あんまり世界観が緻密なので、熱中してしまうと他のことが考えられなくなって、実生活で必要な思考回路がスッカスカに枯渇する感があるので「冷却期間をおくように用心しながら見る」という奇行に及んでいるためなのです。

ゲーム・オブ・スローンズ』のフィクションの力が並外れているのか、はたまた私のマルチタスク機能が並外れてポンコツなのか。

おそらく両方でありましょう。

 

www.amazon.co.jp

 

 

 

とりあえずシーズン1の八割を見た現時点で印象深いキャラクターの一人にティリオン・ラニスターという小人症の貴族がおります。

f:id:rokusuke7korobi:20210505004742j:plain

ファンタジー世界とはいえ、戦国の世。

貴族と生まれたからには男は武装して肩でパターナリズムと暴力礼賛の風をきって歩かねばならぬ下剋上の世の中で、馬にも乗れない、剣も持てない低身長であることがどれだけ苦難の道か。

小さな身体で賢く立ち回って生き延びていてくれるだけで、このファンタジー世界をちょっと好きになる個性の強いキャラクターです。

 

どこへいっても誰からも、「インプ(小鬼)」と好奇の眼差しで見られ続けられる人生。

その小鬼が、悪意のあるあだ名で呼ばれて傷つく私生児に向かって言うセリフがいい。

 

「ぼく を〈 スノウ 閣下〉 と 呼ば ない で くれ よ」

その 小人 は 片方 の 眉 を 上げ た。

「 おまえ、 むしろ〈 小 鬼〉 と 呼ば れ たい か?   かれ ら の 言葉 で おまえ が 傷つく と 知ら れ て みろ、 死ぬ まで 嘲り つづけ て くれる だろ う よ。 かれ ら が おまえ に 名前 を 与え たい と 思う なら、 それ を 受け取れ ば よい。 それ を 自分 の 名前 に しろ。 そう すれ ば、 もう それ で おまえ を 傷つける こと は でき なく なる」

ジョージ・R・R・マーティン; 岡部 宏之. 七王国の玉座〔改訂新版〕(上) (Kindle の位置No.4163-4165). 早川書房. Kindle 版.

  

差別のために使われていた呼称をその差別の歴史ごと自分のものとして取り込んで自分のアイディンティティのために積極的に使っていくっていうのは非常に現代的であるように思います。

「ニガー」とか「インディアン」とかいう言葉を自分たちのために取り戻そうとする文化は眼にすることがあるし、自分ごととして言えば「おばさん」という言葉をレコンキスタしようとしているジェーン・スーさんがおもしろくて眼を話せないのはそういうところだったりする。

 

open.spotify.com

 

全然関係ないですが、昔インドあたりの偉い坊さんの本を読んでおりまして、誰のなんて本だったのかはさっぱり思い出せないものの

「悩みというのが一番簡単なんです。悩むのをやめればなくなるんだから」

って書いてあったことに、目から猛烈な鱗が落ちたことがありました。

だから凡人はだいたい「悩むのをやめるのはどうやるの」っていうこと聞きたいんでしょうに、とやっていくと禅問答めいてきますが、実際悩んだときに思い出すとバカバカしくなって素晴らしい金言だな、ということでちょっとした座右の銘になってもいます。

 

「インプ(小鬼)」がどうやって自分の道を切り開いたかといえば、「やつら」から「小鬼」という名前をたった一人で取り戻して自分のものとし、一方で武道に向かない貴族として生まれた自分の本分を尽くすべく、読書をして知恵をつけるのですよね。

冷静に方法を探しながらオリジナルな人生を切り開いている圧倒的な存在感のこの人がいるだけで、魅力的な世界。

 

ついでにもうひとりシーズン1で最も光るキャラクターをあげると、デナーリスです。

f:id:rokusuke7korobi:20210505004541p:plain

クーデターで滅ぼされた前王家の末裔で、幼い頃兄と二人だけで王国を追われて逃げ延びたのです。

青年になった兄は、自分こそ正当な王位継承者であるとして金も土地も軍隊もない空手で王座奪還を狙っている。

そんな兄から軍隊と引き換えに「野蛮人の族長」みたいな人のところに売られちゃうのがこのデナーリスちゃんです。

ドラマは表現上の都合上、十分結婚できる年齢の女性に見えますが、設定上は13歳。なにがなんだかよくわからないうちに全然知らない文化、言葉も通じないところに子供生むために売られたお姫さまです。

この子が、その部族で暮らすうち、やっぱり兄の支配から己の人生を取り戻して、自分の闘い方を見つけ、あっぱれ一族の王女に変貌します。

古いタイプのファンタジー世界では「父殺し」は青年のテーマですが、初潮迎えるかどうかくらいの年齢の少女が「父(がわりの兄)殺し」をする、というのが、とても面白い。

 

 

冬の訪れ

冬の訪れ

  • 発売日: 2015/11/16
  • メディア: Prime Video
 

 

そんなわけで見続け、読み続けている途中経過でした。

4つ並べると解読が難しいニュース

地元に関係するニュースを並べると4コママンガみたくなっていた。

 

1,変異株ウイルス、マスクでは予防できない可能性

news.yahoo.co.jp

 

2,札幌で変異株感染拡大、病床使用率八割超え

mainichi.jp

 

3,まん防適用要請

www3.nhk.or.jp

 

4,五輪テストマラソン開催

www.yomiuri.co.jp

 

……ほんとにっ?

進化系かんてんクック ~それほど簡単なら固めたいものはいろいろある

寒天がめざましい進化を遂げていることを最近発見した。

粉寒天たるもの、 いつの間にかお湯で溶けるようになっているではないの。

そんなイノベーションがあったんなら、もうちょっと早く言ってくれればよかったのに。

冷たくてチュルチュルしたものは、基本的に大変好きなわたしなのだから。

 

寒天といえば鍋で3分くらいグツグツと煮溶かすのがやや面倒、と思ってきたのだ。

もっといえば煮溶かすのはさほどでもないとしても、その後、寒天がふちに固まった鍋を洗うのが手間だった。

お湯で溶かせるならインスタントコーヒー淹れるくらい簡単になっているってことではないか。

 

耐熱ガラス容器に電気ケトルで沸かしたお湯をそそぎ粉寒天をふりいれ、ぐるぐるかき混ぜる。

溶けたところにポッカレモンをどぼどぼ入れて、最後に食品用ハッカオイルをしゅっと一滴。

虫除けスプレーみたいな味がするので一切誰にも勧めないが、私は好きなレモンミントゼリーが完成する。

固まったところで適度にクラッシュしてパルスイートをかけ、近頃さかんに食べている。

ミントの後味が若干苦く、食べ終わると胃のあたりからすーすーして寒くもなる。

美味しいかどうか聞かれると妙な気分だが、好きか嫌いかで行けば好きな味だ。

なんというか、草食べてる感じがたまらない。

かんてんクックのおかげで、妙な食癖を遺憾なく発揮できる日々が、ついに到来している初夏の予感である。

 

 

 

 うちに大量にある耐熱ガラスのキャニスター。

容量メモリがついてるのでこのまま作ってこのまま冷やしてこのまま食べられる。

400ccの液体に寒天小さじいっぱいで好みの硬さ。

かんてんクック製造機としてあまりにも便利なのでうっかり食べ過ぎる。

 

 

 

 夏のアイスコーヒーにはいちいちポーションのガムシロを使うより手軽なので液体甘味料を買っておくのだけど、かんてんクックとの相性がいいのでこれまたうっかり食べ過ぎる。

 

 

北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 10ml スプレー

北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 10ml スプレー

  • 発売日: 2008/01/28
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 食用のハッカオイルだが、よく見ると「ようじの先の濡れた程度の量をご利用ください」と書いてある。どうりで1滴スプレーすると後味が苦いなあ、と思いながら食べていた(うまい)。

 

今週のお題「おうち時間2021」

さくら木の下、坊主めくり

数日前に観測史上二度目に早い桜の開花宣言が出たという陽気の中、月命日のお参りに行ってきた。

そこらの街路にも蕾を抱いた桜はあるが、開花している木がなかなか見当たらないのは、たぶんソメイヨシノでなくヤマザクラが多いからだろうと思われる。

 

そんな咲いてない桜の木の下のベンチに、ジェームス・ディーンみたいな赤いジャンパーを着て70代(父)が座っていた。

「いやいや、あったかいですなあ」

「なかなか、いいところですなあ」

などと言いあいながら、陽気のせいかいつもより供花の数が多い納骨塚に向かって手を合わせる。

「誰もいないうちに、こっそり」

「そうですな、しめしめ」

若干照れつつ、並んで般若心経を唱えはじめた。

 

「とくあーのくたーらーさんびゃくさんぼーだい」

のあたりで、なんだか怪しい電子音が聞こえてくる。

「あっ」

ごそごそとスマホを取り出す70代(父)。

しばし画面を見た挙げ句

「出ない。知らない番号っ」

と言って涼しい顔でまたポケットにしまう。

いやいや、読経中はスマホの電源をお切りください。

心中そのような思いがよぎったとしても、最近フィッシング詐欺にひっかかったばかりの40代(娘)としては、やたら知らない電話に出ないというのは良い傾向と思えるのでこの際文句は言わない。

 

先月の月命日に来たときにはまだまだぬかるみだらけだったが、すっかり爽やかになっている。

「少し歩いていくか」

週末なのもあって、お参りの人が多く、雪解けの直後だからか、お坊さんが来てる墓もちらほら見受けられる。

大事にされているお墓を見るってのは気分のいいものだ。

ぶらぶらと歩く道の脇には桜も結構多くあるが、やっぱりどの木も固い蕾が見えるだけである。

 

中で一本だけ、だいぶ桃色にほころんでいる桜の木を見つけた。

「ああ、あの桜……」

と声に出そうと思ったらところで、その下に一台良さげなセダンが止まっているのが眼に入った。

後部座席を大きく開き、路上で着替えをしている。

着替えと言っても、スーツのジャケットをかえるとか、そういうレベルではない。

痩せた腹の皮を思い切りよく外気にさらし、白い襦袢を着つつあるのだ。

 

「坊主が着替えてる」

70代(父)が見たまんまのことを、特に感慨もなく口にした。

いやいや、あれは出るところに出れば、変態的露出行為と言えなくもないレベルの奇行ではないか。

「なぜ、着替えてから出てこないのかっ」

私も、みたまんまの疑問を即座に口にした。

「恥ずかしいんじゃないか」

法衣で運転するのが恥ずかしくて、路上で生着替えが恥ずかしくないお坊さんというのはいかなる職業意識のなせるわざであるか!

と言い返しても良かったのだが、この瞬間私は70代(父)が「恥ずかしい」のことをちょいちょい「はずい」と言ってくるほうに気を取られ、適切なツッコミのタイミングを逸してしまった。

1990年代くらいに絶滅した若者言葉だと思っていたが、70代(父)と墓地を歩いている途中でリバイバルしてくるとは、なかなかのリビングデッドである。

 

「やれやれ。目のやり場に困ったのでうっかり見そびれたがさっきの桜の木が今まで見た中で一番咲きはじめていたような気が……」

通り過ぎてからしばらくして、二度見しようと振り返ったら、さっきまで一応襦袢を羽織りかけていたはずの坊主は、今度はゴルゴ13をも欺くほどに見事な真っ白いブリーフ一枚になっていた。

「だから、なんでさっきより全裸に近づいてるんだっ!!」

そして結局、件の桜の咲き具合は見そびれた。

 

今さらながらの『ゲーム・オブ・スローンズ』と『氷と炎の歌』

2021年にもなって恥ずかしげもなくいいますが、『ゲーム・オブ・スローンズ』っていう海外ドラマ面白いですね。

むしろ今。

 

冬の訪れ

冬の訪れ

  • 発売日: 2015/11/16
  • メディア: Prime Video
 

 

何年前でしたか、えらい話題になってそりゃあ面白い面白いって話題沸騰してたときに、私も何回か挑戦したものです。

そしたら、再生するなりいきなりのバラバラ死体だし、画面暗いし、知らない人ばかり次から次に出てくるし、ものすごく先も長いし。

「きっと面白いのだろうけども、私には無理です」

ということで早々に白旗を挙げたのでした。

 

時は流れ流れて、2021年。原作小説の存在に気付いたのです。

全然違うタイトルなので、アレがコレだということを知らなかった。

「小説なら私でも読めるんではないか」

ということで試しにKindle無料サンプルで読み始めてみたのです。

(それにしてもなんでこんな気恥ずかしい表紙なのか) 

 

「なるほどこれは軽い気持ちでドラマ見はじめたときにギブアップしたはずだ」

と思ったことには別に主人公がいる小説じゃないってことですよね。

誰かに感情移入してその視線で物語追っていければざっくりついていける、という造りではなかったので、情報量的にいろいろ処理しきれなかったのもいたしかたない感じでした。

国が7つもあってそれぞれが王権争いしてる群像劇。

そんなどこの時代の誰かもしれない貴族がずーっとずーっと権力争いしてるのを延々と読み続けてたって面白いわけ……

正直、これがなんで面白いのか、実際よくわからないんですが、ミッチミチに作り込まれたファンタジー世界がどこまで読んでもまだまだまだまだ続いていく安心感みたいなものに、どこからどっぷり浸りました。

私がどんな平凡な生活を過ごしてる間も、この本さえ開けば醜くきらびやかな権力闘争をずっとやっててくれる安心感というものか。

「そっちの世界が大変そうだからこっちは安心して凡庸に暮らしてられるわよ」といったところか。

小説がやたらと長いことの喜びにずいぶん久しぶりにハマった感じがしました。

 

とはいえ、「本当にこんなごちゃごちゃしたもの世界的に読まれてるの?」と心配になってくるほど登場人物が多く、途中から誰が誰やらぼんやりしてきますから、そうなったときの情報整理にamazonプライムでドラマ版『ゲーム・オブ・スローンズ』見ると、また面白い。

情報整理というにはあまりにもゴージャスな映像化作品(むしろびっくりするくらい原作に忠実に作ってある)を観ながら、並行して本を読み進めながら、とやっていくと相互作用で否が応でも盛り上がってしまう陰険ワールド。

いやあ、被害の及ばないところから性格の悪い人をじっくり見るのって、本当にいいものですね。

 


www.youtube.com