晴天の霹靂

びっくりしました

『PIGGY ピギー』~ハッピーエバーアフターでなくて本当によかった

amazonビデオで『PIGGY ピギー』をみました。

昨年、小規模ながら劇場公開があったときに予告映像を見て「観なくてはっ!」と思っていたんですが、こういうのって見逃してしまうんですよね。

ちょとぼんやりしているうちにすぐ終わってしまって、ようやく配信で観たのでした。おもしろくてびっくりした。

PIGGY ピギー

PIGGY ピギー

  • ラウラ・ガラン
Amazon

このキービジュアルで、「リベンジホラー」という売り出しだったので、この主人公がいじめられていてついにキレ、血まみれスプラッタ-で後味スッキリ映画だろ、などとうっすら思いながら観始めるわけですが全然そういうことにはならない衝撃。

 

サラという主人公の女子高生が非常に魅力的なんですが、冒頭でぐっと足元にカメラがよるとかわいらしいピンクのスニーカーを履いています。依存と抑圧の中で暮らしている人物の靴に注意を向けさせたとなると「なるほど、シンデレラの話がはじまるんですね!」と思って見るわけです。

 

サラちゃんのピンクのスニーカーは早い段階で失われてしまい、その後はほぼふさわしい履物をはかないまま、裸足だったりサンダルだったりで足元不如意の長く孤独な葛藤の中に身を置くことになります。

 

エンディング、厳しい闘いのすんだ裸足のサラに帰り道の足を提供してくれる青年が出てきたので、「ああ、靴を持ってくるのは彼だったのか」とこっちは観ていて安心したものです。サラも「やっと帰れる」という感じで寄り添うとっても青春映画らしいラストシーン。

シンデレラだったら「ハッピー・エバー・アフター」です。良かった良かった、と思ってたらサラは徐々に「あ、これも違うわ」という感じで身体をはなしてついに自分一人で風を感じながら、町への道を進むのです。

「プリンセスは王子に見出されてしあわせにくらしましたとさ」ではなくて、まさに血まみれの一人の戦士として町へ帰っていくぞい、というラストシーンに、ひとつのセリフもないまま移り変わっていったのでした。

 

青年とこのあとどういう関係になるのかは知らないけれど、それがどうであれ、尊厳をめぐる闘いから当然、彼女が離脱できるわけはないのです。

闘いがひとつ終わったところで、相変わらず帰っていかねばならない世界は身体のサイズが目立つからということで彼女をアウトカーストに置こうとする価値観の中であり、彼女を守ろうとする善意の人たちは夕食をサラダにすれば解決するんだなどというトンチンカンな思考回路で、そこで育った少女は闘い方も教えられてきていない徒手空拳の身です。

最初の闘いの帰り道がハンサムな青年のタンデムシートだったくらいのことで「末永く幸せに暮ら」せてたまるか。という、自由と孤独の風に吹かれている勇者の帰還のシーン、なかなか衝撃的に美しいものでした。

 

 


www.youtube.com

 

百人一首の影に黒猫

 

NHKでときどきやってる『ネコメンタリー』という番組に、ピーター・マクミランさんが出ていた。

www.nhk.jp

 

最初「誰だっけ?」と思ったのだが、よく考えてみたら今年の年初からだいたい100日くらいかけて百人一首を毎日一首ずつ読んでいたときに参照した中の一冊、『英語で読む百人一首』の著者だったのだ。

そうか、猫好きの詩人だったのか。

なかなかに変わったお方で、見た目はヨーロッパ映画に出てくる大学教授みたいな雰囲気なのだけど、呆れるほど立派な竹林のある京都の古民家に住んでおり4匹もいる猫が全部黒猫。

保護猫だというから選んで集めたのでないに違いないが、そんなに黒ばっかり集まってしまって傍目からは全然個体の区別がつかないところがすでにちょっとおもしろい。

 

その立派な竹林の中に立って百人一首の中の歌を英語で歌い上げるのを

「なるほど、あの百人一首はこうやって歌われるべく訳されていたのか」

なんて、字面だけで読んでいたときにはさっぱりわからなかっただけに大変興味深く見る。

ところが、歌の途中でうしろから唐突ににょきっと黒猫が出てきて背に乗る。こっちは「あんたどこから出てきたの?」とうろたえるし、ピーターさんは気にせず終わりまで歌うし、黒猫はご満悦だし、かくて歌とは自由なものである。

なんちゅう風景だ。

ネコメンタリー『ピーター・マクミランとローズとムーンとペンとミニ』

面白いのはネコメンタリー史上でも珍しいくらいに猫をべたべたに褒めちぎりながら暮らしていて「マイ・トレジャー」「クレバーボーイ」「プリンセス」「リトル・ガール」と、やっぱり溺愛ボキャブラリーは全部英語なんである。

そうだよなあ、日本語だとそんなに身近なものに対して敬意を払いつつ愛情を込める言葉のバリエーションってないものなあ、と思う。

 

どうしても「身内」に愛を示すにはちょっと軽んじる感じの言い方にならざるを得ないのが、猫を飼ってると不便なのだ。せいぜいが赤ちゃん言葉にして幼児化した愛を示すくらい。

あの猫溺愛カメラマン岩合光昭さんだって聞いているとだいたい「いい子だねえ」くらいのボキャブラリーで親密な猫との関係を乗り切っている。

私は気づけば、猫に向かって「かわいいちゃん」としきりに呼びかけるようになっており、たまに我に返ってそんな日本語ってないよな、とは思うものの、どうひねり出してもふさわしい言葉がないのだ。みんな語彙不足の中でどうやって猫をかわいがっているのか。

 

ピーターさんはたいへんおもしろい人で、なんと番組中に5匹目の保護猫が来てしまう。いい大人なのに玄関から走って猫を迎えにいく姿も堪らないものがあるのだけど、まさかの5匹目も黒猫で、ついに五目並べみたいになっているのも愉快なのだ。出会いは運命だからそういうことも起こるよねえ。

 

 

youtube.com

そんなわけでうちのかわいいちゃんもよろしくお願いします。とくに方向性も考えないままに地味に動画の数だけ増やしてみてます。

 

 

お題「猫の好きな部分(おでこ、肉球など)」

 

 

ポメラに執着するために親指シフトの練習をはじめた

 

親指シフトの練習をはじめてから一ヶ月。

ja.wikipedia.org

最初は無秩序に見えるキーからいちいち探しながら一文字ずつ押していくことに「なんか懐かしい苛立ち」を感じていたものが、よく使うキーはうっすら検討がつくようになってちょっと楽しくはなってきた。

とはいえ目の前にキー配列シートをおかなければ意味のある文章は書けない状態であることにはかわりなく、道のりはまだ遠い。

 

なぜいまさら、使用環境が極めて限られる親指シフトをわざわざ覚えようと思ったのかといえば、「愛用のpomera200が壊れたから」だった。

買ってから3年ほど、ある日純正品でない充電ケーブルを差し込んだら液晶が砂嵐の静止画みたいになって壊れた(純正品以外のケーブルで起動がおかしくなるのはpomeraあるあるらしい。怖い)

修理の依頼をしたら、なんと液晶交換で二万円もしたのだ。

 

本体価格だって35,000円ほどしたものを、「シンプルな構造だから一回買ったら一生使えちゃったりして」などと無理やり自分を言いくるめて青息吐息で買ったのだ。ケーブル間違いくらいのことでさくっと2万円加算となると、私はこの子とこの先も連れ添っていくことができるのだろうか、と猛烈な勢いで弱気になってしまう。

しかし、その一方で、確実にないと困る筆記用具であることも確か。思い立ったらすぐ使える軽量コンパクトさも、無限インターネット地獄に接続されない潔さも、白黒反転画面の目に優しさも、換えがないではないか。

 

泣きの涙で修理代を振込みつつ、ついにわけのわからない決意に至る。

「一生pomeraと離れられなくなるために、親指シフトの使い手になってやる」

思考回路としては完全に破綻はしているが、動機としては純粋でもある。

 

そもそもワープロを通り越していきなりパソコン世代だった私としては、親指シフトの最盛期を知らない。最初に覚えたのはもちろんローマ字入力で、そのまま何の不自由もなくローマ字入力一本でずっとやってきた。身近に親指シフトを使っている人もみたことがない。

ただpomera200を買ったときに「親指シフト キートップシール」なるものがついていたので、「親指シフト」という入力方法が使用可能であることはうっすら意識はしていたし、より楽(らしい)入力方法にはもちろん興味もあった。

親指シフトキートップシール

「それにしても、今となってはほぼpomeraと特殊なキーボードでしか使えない入力方法を習得するのも効率悪すぎる」と思って放置していたのが一転、修理代2万円と引き換えに、親指シフト習得という謎取引を自分としたのだ。

 

一応は「効率が悪すぎるようだったらやめればいいし」という思いもあったのだけど、はじめてみれば「黙々と練習を一定時間積み重ねていけば身について、一度身についたらもう習得前の状態には戻らない技術」の習得って、そもそも自分は結構好きであることに思い至る。

編み物ができるようになるとか、自転車に乗れるようになるとか、そういうレベルのこと。特に大人になってからは何かが「できない」という状態から徐々に「できる」という状態へ移行していく旅はとても楽しいので、なんか機会があればできるだけやっていたい気もする。

 

とはいえ、まだまったく実用レベルの習得には至っていないので、この先で嫌になってやめる可能性はある。親指シフトpomeraのキーボードの相性がどうかという細かいこともわからない。

それでも「これまで以上にpomeraに愛着が湧く」という目的のほうは、すでにちゃっかり達成してしまったのは確かなことだ。pomera離れがたし。本当に頼むからもう壊れませんように。

 

 

数年前に新機種のpomera250も出ている。より親指シフトフレンドリーな設計になってるらしいが、とにかく高いので見なかったことにする。

 

pomera200

うちのpomera200ちゃん。『フュリオサ』を観に行ったときにもらったステッカーと100均の保護シールを貼ってみたところ「どうやったらそんなに何もかもバランスの狂った気持ち悪い貼り方ができるのか」と言われた。落ち着いて見るとたしかに貼ってる場所が全て的確にズレていてすごい。

 

今週のお題「上半期ふりかえり」

シンデレラ現る

丘のある公園で広い芝生を見下ろしながら歩いていたら、70代かと思しき女性が二人、眼下を裸足で歩いていく。それぞれ手に靴を持って。

夏が来るのが嬉しくて仕方ない子どもたちやら犬やらが縦横無尽に駆け回るなかで二人だけ、少し足の裏が痛いみたいにこわごわと、ゆっくり進んでいくのが目に飛び込む。

 

生きていて、こんなに美しい瞬間に出会うことがあるかしら。

紛れもない少女が二人、何十年と使い続けた身体に乗って冒険に漕ぎ出していく瞬間ではないか。いつも必ず履いてきた靴をその日だけ脱いで、「ちょっと裸足で歩いてみない?」と相談したのだろう。初夏の芝生の色があまり素晴らしくて、もっと世界に近づいてみたくなったのか。

あのシンデレラは幼かったから、灰と煤の世界を飛び出すために誰かの家に靴を置いてくる必要があったのかもしれないが、彼女たちはいくつも思春期を超えた少女たちだから、仲間と一緒に靴を手に持てば別の世界に踏み込むことができるかもしれないと気付いたのに違いない。

眼の前に本物のシンデレラをみたのは初めてのことだったけど、こういう続きがあるならあの話もちょっとはいいものだったかもしれないな、という気にもなる夏。

 

 

半額セールのパセリ、ミント

近所のスーパーの店先に家庭菜園用の苗の店が出ていたのを、閉店だからというので半額セールになっていた。

先代猫の祭壇のための生花を買うにも値段が高くなってきた今日このごろ、この先気温が上がってますます切り花が長持ちしない季節を目前にして

「わっさわさと野放図に生える緑がほしい」

と思ってふらり覗いた。

鮮やかな色の花というのはきれいなものだけど、あんなに生命力を使い切るように頑張って自己主張してくれなくても、緑を挿してあるだけで十分贅沢な気分になるというのは、今年ローズマリーを育てはじめて思ったことだ。

活けてある花が枯れて少なくなってきたら、プランターからひと枝切って、水に挿す。他所で育って数日しかうちに居られない花だけで埋め尽くされるよりも、コップの中がなんとなく親密な光景になる。

 

すでにだいぶ数の少ない売り場の苗の中から、育ち放題になったせいで自立できなくなりかけているパセリの株と、なんらかのミントの寄せ植えのポットを選んだ。どちらも99円だ。

帰宅して、散々枝を切られてすっかりさみしくなっているローズマリーの、右脇にパセリ、左脇にミントを植える。助さん格さん繁殖してやりなさい。

どう育つかはわからないけれど、とりあえずぱっとベランダをみて緑が潤沢であるというのは、本当に素晴らしい光景だ。

 

パセリの中のとりわけ長いのを3本ほど切って、今はネコヤナギの枝とローズマリーしか挿していない物足りないコップの中に一緒に活けてみる。一瞬で部屋の風景が厨房っぽくなるのは非常に可笑しいものの、「食べ物だ」という先入観をなんとか排除して見れば、とてもかわいい形の葉っぱである。

ついでにミントの株からよさげな葉っぱを数枚選んで、水出しする粉茶のテイーパックの中に入れてみた。さすがに水出しともなればあんまり香りはたたないので、「もうちょっとちぎるか潰すかすればよかった」とは思ったが、見た目は涼しげでいつもの飲み物が少し楽しい。

 

これでなんとか、切り花を買う回数も減らして、猫の祭壇にさみしい思いもさせず、快適に夏を乗り切っていけるとありがたい。

 

 

 

切り花延命剤2リットル入り、2022年の夏に買って丸2年使えた。希釈用なので500mlペットボトルに作っておいて冷蔵庫で冷やして使うと、特に暑い夏はわりと元気だしてくれたので、2本めを注文。

 

何を願っているのかわからなくなったらイドリス・エルバを召喚しよう

絶賛話題沸騰中のジョージ・ミラー監督が『マッドマックス 怒りのデスロード』と『フュリオサ』の間に公開した『アラビアンナイト 三千年の願い』っていうちょっと地味な作品がありました。

公開時に劇場で観たのですが、この機会に見直した。

初めて観たときは、頼りないシルエットのティルダ・スウィントンと色気過剰のイドリス・エルバが寄り添って歩くラストシーンひとつでもう堪らないものがあって「いいもん見たなー」と思ったんではありますが、実は全体的にはほぼ意味がわからなかったのです。

 

あれから一年ほど、『怒りのデスロード』をたまに見直したり、新作の『フュリオサ』を観たり、こっちはこっちで一年歳をとったりしているうちに、自分の欲望がわからなかったティルダ・スウィントンが、本当の願いを自覚できるようになるまでの話だということが見えるようになりました。やっぱしみじみいい話。

 

ティルダ・スウィントンが、何を願っているのか自分でもわからないし、あまつさえ願いが叶うことは何かの罠だろうとすら思っているのは自分がそれに値する人間ではないという内的規範に縛られてるからで、その空虚さからの解放にはまず本当の自分の物語を語ることが必要。その連綿と語り継がれてきた女性神話はこちとらも心当たりがありすぎて、直視が切ないところです。

 

それはそれとして、この作品を見直してから私もイドリス・エルバ召喚のために、いかがわしい魔術を再開してみました。

一時期、考え事整理のためにわりと習慣的にやっていた瞑想です。

季節によってはやけに眠くなることが多かったことと、編み物をはじめて「これってほぼ瞑想だな」と感じたことなど重なっていつの間にかしなくなっていました。

そんな感じで過ごしていたここ数年でも、ますますどんどん情報の大量化高速化が進んで、結局編み物をしていても散歩をしていても、少なくても耳からは常に情報を仕入れるようになってしまい、気がつけば自分の外側ではなくて内側にはどんな物語があるのか、ということをほぼ考えないまま一日を過ごしてしまうことも多く、どうも年々体の内側で物語が枯渇していく自覚はあったのでした。

 

アラビアンナイト 三千年の願い』を観て、「傍観者みたいなことばっかりしてないで、ちょっとイドリス・エルバに自分の話を聴いてもらおう」という気になり、久しぶりにアレクサでタイマーかけて10分くらいイドリス・エルバ瞑想をしたら、まあ大変楽しかったのでした。

猛暑の季節にでもなったらまた眠気で続けていけなくなるかもしれないものの、季節が快適なうちはまたしばらくやろうと、ダイレクトな行動変容を促された映画でした。

うちのイドリス・エルバがまた超ホットですよ。

 


www.youtube.com

 

『マッドマックス:フュリオサ』 ~前作を好きすぎる自分がちょっとノイズ

『マッドマックス:フュリオサ』観てきましたよ。顔にグリース塗りたくなる系映画。


www.youtube.com

 

ここはひとつ鑑賞前に気合を入れるべきだろうと思ったので過去のマッドマックス3部作を全部見直し、前作フューリーロードのKindle Unlimitedに入っていた制作陣のインタビュー集を読了してやる気まんまんで臨んだのです。

そうやって満を持して『フュリオサ』を見に行ってしまったので、強すぎた思い入れが自分でノイズに感じてしまったという間抜けな感じはちょっとありました。

「うん、面白いけど私はフューリーロードをやや好きすぎかもしれない」

と、観ながらついつい思ってしまった。

 

たいへんおもしろいんですよ。どうみても陽気な脳筋に見えるクリヘムが繊細な感情が出てこようとすると押し込めようとする様子とか笑える中に一抹の哀れがあるし、とにかく優秀すぎるフュリオサの母の執念の追跡も素晴らしい。

それでも戸惑いがあり続けるのは、フュリオサの信念の源泉ってイモータン・ジョーに性的に虐待されてたことだろうと前作を観てすっかり思い込んでいた節があったので、その思い込みに比べるとクリヘムがヴィランとしてちょっと軽かった、ということがあったような気がします。だって全体としては体制に組み込まれた性的搾取の話であることは明らかなのにフュリオサだけなんとなく無事だったというのは、やはりちょっと奇妙な印象を持ってしまう。

 

とはいえ、最後に急に方向性の違った残酷度を出したラストシーンにはだいぶびっくりして「その奇妙なグロさは必要なのかっ?」とちょっと思ったのです。 

帰る道々考えていたら、あの場所で男を強制的に孕ませることが重要なシーンだった、と思いついて、フュリオサがこの後の人生でずっと背負う黒いものの一端が想像つくのでした。

辛いけど、怒ってる女の映画を観るのはいいですね。

 

 

名作すぎたフューリーロード。シャリーズ・セロンとトム・ハーディの野性的な眼差しが最高ってのはもちろんありますが、魅力的なヒーロー、ヒロインがいてそれぞれが自分の人生を生きながら恋仲にならない話ってこんなに爽快か、と思ったもんです。

 

 

四部構成でなかなか家に帰れない作品って最近なんか観たな、と思ったら『ボーは恐れている』でした。「とにかく家に帰れないんだよっ!」という話が非常に心にしみますね。実家に帰るまでに15年とか、20年とか、かかるよねぇ、人生って。