晴天の霹靂

びっくりしました

1996年のエヴァンゲリオン ~ニーハオ君と私の貸間

コロナ感染症拡大のおかげで公開が再延期になってしまいましたが、話題になるところでは話題になってるんであろうエヴァンゲリオン劇場版。

私がごとき”見てない勢”にとっては、どのカナ表記が正しいのかもよくわからないし、「あのロボットがさー」とか言おうものなら「あれはロボットじゃない!」と怒られたりするし、「ちょっと怖い例のやつ」です。


『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告【公式】

 

直撃世代ではあるので遅れを取りながらも何度か見ようとトライはしてるんだけど、どうにもあのシンジ君って人にイライラさせられて風呂場からペンギンが出てきたあたりで必ず挫折してしまう鬼門でもあります。

私にとっては風呂場にペンギンが住むロボットアニメとして記憶されている(しかしおそらくそれは間違えている)エヴァンゲリオン

「今ならそんなにイライラせずに見ることができるのではないか」

と、近頃ふと思ったのです。

 

思い起こせば最初の出会いは1996年。

大学に入った年で私は一万八千円の六畳一間に住んでおりました。

その薄暗い廊下で斜向いに住む男の子と最初に顔をあわせたとき、彼は片手を上げつつ大声で「ニーハオ!」と声を掛けてきたのです。

私はびっくりしてとっさに返事ができませんでした。

正確には、あまりにも不意打ちだったので「ニーハオ」すらも聞き取れず、何かよくわからない言葉を知らない人から突然投げかけられたのだと思いました。

とっさに言葉に詰まって考え

「……今の、もしかしてニーハオって言ったのかな?」

と思いついたあたりで彼は

「こんにちは」

って言ったではないですか。

普通に日本の学生でした。

なぜ出会い頭にとりあえずニーハオが出てきたのかは、今もって本当にわからない。

彼は自分の部屋に吸い込まれていきしなに、ドアを大きく開き、そこに貼ってあるポスターを指差して早口で言いました。

エヴァンゲリオン。知ってます?」

「……わかんないです」

彼はさほど答えに興味ある風でもなく、自分の部屋に入っていき、パタンとドアを閉めました。

それが、1996年、私とエヴァンゲリオンのファーストコンタクトでした。

 

今となってはそんな素っ頓狂なコミュニケーションのとり方とアニメ好きであることを結びつけるのはえらい古臭く差別的なステレオタイプ表現と言えますが、当時はまだそういう雰囲気は本当に存在したのでした。

そして私は私で、テレビも持っておらず、買うつもりもないのでそのエヴァンゲリオンとやらは一生縁のないものであろうと信じて疑いも持ちませんでした。

まさか、仕事に必需品であるパソコンが一台あればどんなアニメでもほぼ見放題、みたいな未来が来るなんて、思ってもいない頃です。

 

2021年、コロナ禍の後押しもあって万人がメディア化したといえる中、エヴァンゲリオン新作公開の情報があり、ファンたちがこぞって過去作について色々と語っては公開するのが目につくようになりました。

気づいたことは、エヴァンゲリオンには苦手意識ある身にとっても、エヴァンゲリオンについて語っている人には結構面白い人が多い、ということです。

異口同音に「わからない」といいつつ、そのわからないものについてしゃべることしゃべること、映画一本分を優に超える「俺のわからないバナシ」を楽しそうにするではないですか。

さすがに全部付き合ってはいられないので二倍速再生などしつつも、十代で見始めた人々が中年になってもまだ同じテンションで「わかんない、わかんない」とキャッキャしてる風景には嫉妬を覚えることではあります。

そういえば、かのニーハオ君は、どうしているのか。

 

シンジくんがやたらブツブツ言っていたころ大学生になった我々は、卒業と同時に「フリーターか、うつ病か、自殺か。自己責任でよーいどん」という号令をリアルに聴き、右往左往しているうちに耳に入ってくるようになったのが「失われた十年」という新語。

なるほどあの十年はやはり何か失われた特別な時期だったらしいが、それも終わってこれからあるべき場所まで取り戻されてゆく正常化の時代が来たという言葉かな、などと初心なことを思って居た頃までがそれでもなんとか青年期。

いつのまにか敵は「失われた二十年」へと成長を遂げており、「うっそ、いつの間に巨大化した?」とびびっているうちについに失われた三十年までも見え始め、ぼちぼち故郷の田舎で痛風になる同級生なども出現。

シンジ君がまだ1996年のの羊水の中でブツブツ言ってるとしても、今こそむしろ共感できる。

君は先見の明がある、ずっとそこに居るべきだ。

 

そんな郷愁を持って一日に一話ずつなら、今なら見られるのではないか。

そしてそんことをやってるうちに新作の公開時期も決定して、今度はみんながキャッキャと楽しそうに語る中に、入れるのではあるまいか。

 

 


【公式】新世紀エヴァンゲリオン 第壱話「使徒、襲来」

さしあたって一話を見てみたのだけどキャラクターの造形と女性がみんなボディコンぽいところはやっぱりちょっと苦手。

しかしこちらも大人になって、未来人としての余裕をもちつつ「はい、これ市川崑」「はい、これ巨神兵」「はい、宇宙戦艦ヤマト」といちいち答え合わせしながら見られるのはハッキリ言ってわりと楽しいもんですね。

 

 

 

 

2021年版手帳とペンホルダー ~ダブルクリップとマグネットの進化

 昨年の今頃、手帳にダブルクリップを挟んでネオジウムマグネットを貼り付けたボールペンをくっつけるようにすれば最強のペンホルダーとして使える、ということを発見して大変盛り上がっていたもんです。

rokusuke7korobi.hatenablog.com

 

見た目は悪いが、本当に使いやすかったのですよ。

f:id:rokusuke7korobi:20210118162735p:plain

2020年版ネオジウムマグネット&ダブルクリップ方式

そんなわけで今年も引き続き「ダブルクリップ&ネオジウムマグネット」方式を継続してます。

これがまた、およそどうでもいい程度とはいえ、進化をとげたことを報告しておきたい。

 

手帳を新しくしたときに特に気になりがちなのが、「ちょっとでも突起があるとその上のページに文字を書く時に邪魔になる問題」。

去年までは、ダブルクリップはそもそもつけ直しが簡単なので、邪魔だったらいったん外してまたつければいいや、ということでやっておりましたが、その手間すら面倒なくらい不精になってきた昨今。

f:id:rokusuke7korobi:20210118162106p:plain

こんな感じにしておくとページにかかってちょっと邪魔になるときがあった

今年になって新しい手帳に書き込みながら、ふと思い出したのです。

「そういえばダブルクリップの持ち手のところって簡単に外れるよなあ」

という、実に単純なことを。

f:id:rokusuke7korobi:20210118162735p:plain

ハンドル部分はちょっと力を入れればすぐに取れるのであった

ハンドル部分さえ外してしまえばページにかかる突起はごくわずか。

取り付ける場所さえ工夫すればほぼどのページのどの場所に文字を書く時も全然気になりません。

f:id:rokusuke7korobi:20210118161507p:plain

2021年版。テープの貼り方が我ながら雑である。

あとは、ボールペンに超小型ネオジウムマグネット(ハズレて落ちないように二つ付けるとちょうどいい)を適当にテープで貼り付れば、手帳にくっつき放題。

大変コンパクトで使いやすいペンホルダーの完成なのです。天才だ。

 

お気に入りの手帳のある人ってだいたいみんなそうだと思いますが、このウォレットサイズの手帳も私が生きてるうちに廃盤になったら困るので、頑張ってずっとこの形つくり続けてほしいと切に願っているのでありました。

……ペンホルダーは自分で付けるから。

 

 

 100個入りを買ったので一生分あるんじゃないかと思っていたネオジウムマグネット。意外に消耗品なのでそのうち買い足さねばならない予感。

フリスクくらいのサイズが絶妙で使いやすいのです。

寒い中でも元気でいるか

1月も半ばを過ぎて雪深くなり、歩道も日に日に狭くなる中を図書館へ歩いていく。

ずいぶん鳥の声が騒がしいな、と見上げるとナナカマドの木で鈴なりのシジュウカラが一斉におしゃべりをしているのだ。

 

ナナカマドの真っ赤な実は冬もそのまま木に残り、そこに雪がこんもり積もると赤と白のぼんぼりのような形が鮮やかで印象的になる。

いかにも幸せそうに目立つ丸い木の実だけど、不思議なことに小鳥たちはいよいよ食べ物がなくなるこの季節までナナカマドの実を食べずにいる。

よっぽど飢えないと食べられないほどまずいものか、それとも木のうえで発酵させないと分解できない毒でも入ってるのか、小鳥の都合はちょいとわからないが、いずれにしろ彼らにはナナカマドたるもの何らかの苦労の種なのではないか。

 

赤い実の脇で並んでおしゃべりする最高級ダウンに着膨れた小鳥の群れに、何か微笑ましいものを見る気分になる反面、それがあまりにも楽観的で申し訳ないような気分でもあり、さて少し悩んだままてくてくと足元の悪い雪道を歩いていく。

 

ギリシア神話の本を数冊借りて帰る。

近頃、ちょっと気になっているのだ。

ゴルゴーンは三姉妹なのに、なぜメデューサだけが首を切られたのか。

メデューサの最後の時、姉さん二人は何をしてたのか。

不死身の姉二人は今もたまに末の妹のことを思い出しながらおしゃべりなどしているのか。

 

たくさん本を抱えて帰ってくれば、帰り道にもうシジュウカラたちはいない。

またどこかのナナカマドで、彼らもおしゃべりをしているか。

とりわけ寒い日が続くので、みなみな消息が気にかかる。

f:id:rokusuke7korobi:20210117215941p:plain

雪鳥もこぼれ落ちるかナナカマド

 

南天の白い花 ~猫の藪入り

2021年は、手洗いで俳句の日めくりカレンダーを使っている。

俳句やら、季語やら、七十二候やら、月齢やら。

毎日、知ってるような知らないような情報が満載で楽しい。

いつものように朝 めくると、今日は藪入り。

松も取れたこの時期に、丁稚さんたちもやっと束の間家に帰るのだ。

そうかそうか、こんな寒い季節に。

 

暦をめくって朝の掃除をしていて、ふと猫の祭壇を拭く手が止まる。

グラスに挿した南天の枝に何か白いものが引っかかっているようだ。

取り除こうとして初めて、それが小さな花だということに気づいた。

南天は、咲くのか。

……でも、こんな実のあとで?

 

暮れから活けてある松と南天は縁起物だから、小正月が終わってもいつまでも飾っておくのも良くないのではないか、と思っていったんは片付けようとしたのだ。

新しくアジサイの小さいのを買ってきて、いざ替えようとはしたものの、やっぱりまだ青々している松や赤い実がついた南天を下げてしまうのはその生命力に対して忍びがたく、そのまま松と南天アジサイを全部取り合わせて飾っておいた。

 

そういえば、昨日寝しなに考えていた。

去年の夏、急に体調を悪くしてあっという間に居なくなってしまったあの我慢強い性格の虎猫は、本当はいつから具合が悪かったのかしら。

夜の暗さの中でそんなことを思うと切なくてぽろぽろと泣きながら眠った。

あの時、南天は音もせずに咲いたのだろうか。

 

「藪入りだから、帰ってきたの?」

見れば、白い花はふたつ。

私と、それから彼の妹分であった黒猫と、ふたり分ひっそり咲いているではないか。

 

南天が縁起物なのは「難を転じる」に掛けてのことだという。

本当にお前は優しいから気を使わせてばっかりだったけど、大丈夫私とマロと、二人でちゃんと暮らしているよ。

いつでも、何回でも、またきっと帰っておいで。

白い花、どうもありがとう。

 

f:id:rokusuke7korobi:20210116184436p:plain

南天の実ぽろぽろと白い花

 

二代目ネックスピーカーを買う ~音質やらバッテリー寿命やら無線規格やら

 

これがなくては夜も日も明けぬ、というほど激しく愛用していたネックスピーカーが、ある日突然使えなくなりました。 

 充電されているはずなのに音が出ない。

中古で私の手元に来てから一年ちょっと、概ね一日に二回充電していたのでバッテリーの寿命として考えても不自然じゃないくらいの使い倒し方をしたのではありますが、

非常に気に入っていたものが何の予兆もなくいきなり使えなくなったのはなかなかのショックです。

 

とりあえず、私には新しいネックスピーカーが必要である。

どう考えても、もうネックスピーカーなしに生活はできない。

ということで大至急の商品探しです。

ソニーが壊れるまでは、あんまり気に入っていたので

「2万円を超えるのはちょっと高いけど、壊れたらまた同じものを買いたい」

と思っていたのです。

 しかし現に突然壊れてみると、事情が変わってくるところがあります。

私の使用頻度では一年ちょっとが寿命だとすると、さすがにもうちょっと安いのでないと厳しい。

 

ということで、今ひとつ何を基準に選んだものかもおぼつかないまま大急ぎで探して注文したのがサンワダイレクト。

 八千円程度なので今まで使ってたソニー製品の半額以下になりました。

選んだポイントは

1,生活防水(風呂場とか台所とか水しぶき飛びかねないところでも使うのでこの機能はもともと欲しいと思っていた)

2,ボタンが立体(再生中にボリューム変える機会は結構多いのでいちいち外さなくても指でさぐって操作できるのは重要)

3,連続再生時間11時間(今まで日に二回充電していたものが、一回充電ですむようになれば、単純にバッテリーの寿命も二倍になる道理ではあるまいか)

と言ったあたり。

 

いざ到着すると、まずは今までよりかなり小さく軽いことにだいぶ驚いたのですが、音を出すとまたびっくり。

「スピーカーの軽さは音の軽さなのかっ!」

ということを初めて実感して興味深かった次第。

せいぜいラジオとかKindleの読み上げとかを聞いてる程度なのだから、音質なんてわりとなんでも大丈夫じゃないか、と思っていたんですが、音が軽くなるのは比べてみるとやっぱりちょっとさみしいものではあるのですね。

ラジオからの人の声も、大きくて重いスピーカーのほうがはっきりと聞き取りやすかったので小さいボリュームで間に合っていました。

家にいながら何かを聞いてるときって掃除してたり皿を洗っていたりそれなりに自分がノイズを出している環境だったりするので、聞き取りやすさという意味で音質は思ったより重要な要素であったことを知った次第。

もう少し長持ちするような使い方をするのであれば、やはり良いスピーカーにしたほうが日々が楽しいのは確かだなあ、と思ったのでした。

 

とはいえ幸か不幸か、音には2日でそこそこ慣れる。

今となっては「なんの屈託もなくスピーカーしたまま風呂掃除もやれるもんねーっ!」というのは大きなメリットと感じるようになってきました。

 

 さらには、接続方式がBluetoothになったのも大きな変化。

ソニーのネックスピーカーでは独自規格のワイヤレスだったので付属の送信機が必要になり、ただでさえ煩雑になりやすいコンセント周りに送信機の音声ケーブルやら電源供給用のUSBケーブルが増えていたのは、まあ邪魔といえば邪魔でもあったのです。

それがBluetoothになっただけでかなりすっきり、スマホからもスマートスピーカーからもかんたんに接続ができます。

テレビやゲームなど、映像と合わせて使うことはほぼないので遅延のあるなしはよくわかりませんが、家中あるきまわっても音飛びなどは全然なく、 Bluetoothの進化を実感したのでありました。

 

家の中を移動して家事とかしながら毎日聴き流すのであればサンワダイレクト、ぼちぼちいいところじゃないかという気がします。

 

 

 エコードットはBluetoothでの音声出力はできないと今までなぜか思い込んでいたのだけど、アレクサアプリからできました。

「デバイス」→「Echo-alexa」→使用中のEcho Dotを選択→「ワイヤレス」の項目の中の「Bluetoothバイス」でペアリング。

Echo Dot (エコードット)第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール
 

 

 

『パーマネント野ばら』~愛しているような憎んでいるような

 

 

 アマゾンプライムに入っていた『パーマネントのばら』を見ました。

パーマネント野ばら

パーマネント野ばら

  • 発売日: 2016/04/15
  • メディア: Prime Video
 

 

映画も面白いし、原作もとても面白い。

サイバラさんの、あのどう考えてもコミュニケーションが取れる生物と思えない異様な顔つきのキャラクターを見てると不安になるので「好き」というには抵抗を感じるところではありますが、読後もずっと心に残る悲しみがあります。

落ちついて見ればこの表紙絵も、異界に連れ出されるようで妙な怖さではあるまいか。

パーマネント野ばら(新潮文庫)

パーマネント野ばら(新潮文庫)

 

 

荒っぽい貧しい港町にただ一軒のパーマ屋が、近隣の女性たちの頭をギッチギチのきついパンチパーマをあてるのを一手に引き受けてる、という設定がもう面白いと思うのです。

なぜパンチなのか、それはおしゃれなのか、人生をどういうルートでたどっていくと人はギッチギチのパンチパーマをあてるようになるのか。

 

町で一軒のパーマ屋は女性だけが集まる場所で、そこでは寄ると触ると下世話な男の話がかわされます。

希望のない町、「ここから出ていけない人」だけが生きている場所で、あのダメ男とこのダメ男のどっちがマシかなあ、と取り替えても見てもどっちも変わらない。

どうせ男はいなくなり、どの関係も長続きしないことをみんな知りながら、少女がおばさんになって、それがおばあさんになってもまだ恋を続ける、その懺悔室が「パーマネント野ばら」。

 

言うもはばかられるような下品なシモネタの中に通底する「どうせ何も持ってないのだからせめて恋くらいないと寂しすぎる」という切実な気持ちを、あの不気味な絵で描き出されると本当にどういう気持になったらいいものか分からない。

「うっかりいい話にとかしないからなコノヤロー」と、絵にねじ伏せられつつ読むことです。

 

パーマネント野ばらで希望のない恋をたくさん見ている主人公なおちゃんにも、好きな人がいます。

出口のない生活で、みんなが現状を変えられずに希望のない愛に手を伸ばすなか、なぜなおちゃん一人にだけ優しい男前の恋人がいるのか。

絵の中にサイバラさんの狂気があまりにも明瞭に出てるものだからぼうっとしてると

「あ、この男は高須かっ。大富豪高須克弥かあ」

などと作品外の作者の印象に引っ張られて読んでしまうのです。

そんな古いディズニープリンセスものみたいな話じゃないことは普通に読めばわかるんですが、どうにもこうにも現実世界でインパクトが強すぎる高須西原カップル像の払拭が難しい。

 

それが映画版では現実感のない菅野美穂の住む高須のなき世界できっちり残酷な落とし前がついています。

「ああそうだ、たしかにどう考えても原作にもこう描いてあった」

と、見ると納得。

永遠に続く愛などないから、パーマネント野ばらは港町に咲く花なんである。

 


映画『パーマネント野ばら』予告編

 

本当に原作通りにきっちりエピソードを積み上げて進んでいるのに、うっかりしてると全然別の話みたいに見える、でも読み返すと忠実に作ってる、というちょっと不思議な経験で原作と合わせて見ると面白い。

 

 

 

 

ガザの美容室(字幕版)

ガザの美容室(字幕版)

  • 発売日: 2019/03/06
  • メディア: Prime Video
 

 『パーマネント野ばら』パレスチナ版とも言える『ガザの美容室』。

美容室でヘアセットしてるうちに外で戦争が始まる、という普通に考えればゾンビ映画みたいなおもしろ設定なんだけど、ほぼドキュメンタリーみたいなタッチなのが恐ろしいところ。

美容室から出ないので見てる途中でちょっと退屈になるが、それでも結構好き。 

萩尾望都『かわいそうなママ』 ~オーメン、アンナ・カレーニナ、ボヴァリー夫人

新年から着々と萩尾望都を読み返しております。

読み返していると「あれ、こんなのあったかな」という短編があったりして、なんの気なしに読み返してギョッとさせられるのがいいですね。

 

「かわいそうなママ」という短編があります。

六歳くらいとおぼしきかわいらしい男の子が母親を窓から突き落として殺す話。

f:id:rokusuke7korobi:20210110210805p:plain

『かわいそうなママ』萩尾望都

「ママ」であるエスタには恋人があったのだけど、何かの都合で離れ離れになり、その間にエスタは十五歳年上の男性と結婚、息子ティモシーをもうけます。

ティモシーが生まれてすぐの頃、元彼は一度帰ってくるのですが、すでに結婚しているのを知って、追いすがるエスタを置いて去る。

エスタはそれから死んだように生気なく毎日窓から外ばかり見て暮らすようになるのです。

 

ママが幸せでないことに気づいて殺してあげる、六歳になったティモシー君。

訃報を知らせて帰ってきた元彼に六歳児は淡々と真実を話します。

f:id:rokusuke7korobi:20210110210913p:plain

萩尾望都『かわいそうなママ』

幸せにしてあげられるのはあなた一人だったのに、何を死んでからやおら帰ってきて悲しんでいるのかと。

まっすぐな瞳で問いかけるこのコマが異様に怖い。

 

六歳児が、母親もまた自分とは別の人生を持った一個の人格であるということに気づいているのがまず恐ろしい。

さらにはまだ自分自身が十分に性自認の育ってない年齢にもかかわらずなぜか母親が女であることに気づいているのが恐ろしい。

その上、一見幸せそうに育っているのに、母親が「女として絶望的に不幸」であることに気づいているのが阿鼻叫喚に恐ろしい。

やけに慌てて十五歳年上の好きでもない相手と結婚したらしいことを考えると、本当の父親は誰なのかという疑問も出てくるし、どうやら夫は性的に不能だったのではないかというふうにも読めるのだけど、そんなこと六歳児にわかったら本当に恐ろしい。

 

息子ティモシーは、映画『オーメン』に出てくる悪魔の子デミアンのようでもあるし、性的に妻とコミュニケーションを取れなかった夫はトルストイのカレーニンを思わせ、幻の生活に心奪われて現実で死んだように暮らした若く美しい妻はボヴァリー夫人のようでもあり、こんなに短い話の中にこれほど色んなものを凝縮した萩尾望都っていくつだったんだと調べてみれば二十二歳の時の作品。

 

 一連の作品を読めば、淡々と「犠牲者」の話ばかり描いているのを見るにつけ、どうしてこんなに絵が美しいのかといって、あまりにも救いがないから美しくする他なかったんじゃないかしら、という気持ちになってくるのです。

なにか心の奥の残酷なところを猛烈に刺激されて頭から離れなくなってしまうのですが、不思議と慰めでもあるところが、もう本当になんというか。まったく。

11月のギムナジウム (小学館文庫)

11月のギムナジウム (小学館文庫)

 

 『かわいそうなママ』は『11月のギムナジウム』収録。

1971年の『別冊少女コミック』に掲載されたそうですが1971年の少女、戸惑ったろうな。

 

 

 「アンナ・カレーニナ」が若く美しい妻と、性的に不能な夫と、男盛りの恋人の三角関係であることに私が気づいたのは相当いい年になってからの話。

 性から解放されてる霊的な雰囲気の少年を多く描いた一方で、少女漫画という分野で盛り込める以上の性の話もしっかり盛り込んであることに、気付くとやや呆然とする。

 

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)

 

 最終的に破滅はしたけれど、自分の思う人生に向かって懸命に邁進したエンマの姿はたしかに萩尾望都的な匂いがして、この人もたしかに忘れがたいフィクションの英雄です。

 

 

 無垢な少年が関わる人を次々と死に追いやる。神父が串刺しになるシーンが怖くて二度と見られないが印象深いホラー映画でありました。