晴天の霹靂

びっくりしました

『オリンピック・マネー』 ~観ても読んでも興味深い東京五輪

五輪やってますね。

配信サイトを開いたときに何らかの競技のライブ中継をやっていれば、一応どんな感じなのか再生してみる、くらいは楽しんでおります。

個人的に今回の流れでのオリンピック開催に釈然としないことと、一流アスリートの競技が見られる祭りは「見れば面白い」ことは別腹です。

 

昨日、パッと配信画面を開いたら水泳をやっていて、あんまり映像がキレイだったのに驚いたもんです。

高性能のカメラで撮ってるから肌にまつわりつく水がジェルみたいに見える様子が素晴らしいので、もはやアスリートでなく水を応援する姿勢。

どこの国でもいいから水頑張れ。

あと、カメラマンがゴールした選手に寄るときに、助手の人がついてきて落ちないように後ろからズボンを引っ張るシーンも好きです。

超高画質映像の舞台裏、めちゃめちゃアナログだな。ズボン引っ張るって。

 

とはいえ、「感動をありがとうとか言っておけばそれ以前のプロセスはうやむやにできる」と思われてる手法にうっかり乗るわけにもいかないので、競技を見るのと並行して五輪関係の本を色々読んでおります。

「今進行してるあの祭りのことだ!」という臨場感を持ってよむと本当に面白い。

 こういう機会でもないと知り得ないことがたくさん書いてあるのだけど、なかでも国立競技場新設のために取り壊した低所得者向け住宅「都営霞が丘アパート」についてのくだりは、なかなかに他人事ではない衝撃を受けます。

 

90代の母親を介護しながら暮らしている60代女性が、立ち退き要請に対し、現行の介護サービスの継続が可能な移転先を希望して拒否され、そのまま住み続けます。

すると、それまで使用していたアパートへの侵入路を変更して、かわりに目視で30度近くある急角度のスロープをつけるという「地上げ」行為を都がはじめた、という話。

誰かの身体の不自由なことを利用して公権力が人を黙らせた場所でパラリンピックなどが行われるということを知ると、この手の体質には薄々気づいてはいたけれど恐ろしい。

  

 

またひと味違う観点からじんわり楽しいのがJOC前会長森喜朗氏の著作。

森さんは言うことも面白いけど書くことも面白く、名文句がいっぱいです。

 

率直な心境を記せば、私は今、二つの死の恐怖と闘っているようなものです。一つはガンであり、一つは小池都知事の刃です。

……それは大変そうだよね、ほんとにね。こういう文章好きよ。

 

一冊読むといかに小池都知事犬猿の仲なのかがよくわかるようにはなってるのだけど、面白かったのは「五輪予算削減」を掲げて知事選を勝利した小池都知事が、JOCの予算を監査したいと言ってきたのを断る理由です。

 

「あなたが、選挙で公約に訴えた都政改革をやるのは結構です。大いにやってください。しかし、そのことでオリンピックを改革するとか何とか、よけいなことは言わないでください。オリンピックは我々がきちんと準備をしてきており、そのために東京都の職員もここに入っているのです。それに、我々は東京都を代行しているのです。東京都の附属機関か何かのように考えて、監査するなどと失礼なことを言ってはいけません。何の権限を持って監査するというのですか」

 

すーっと読み飛ばすと都知事が「あなた貯金いくらあるの?通帳見せて」とでも言ってきたかのように書いてあるので、一瞬、本当に失礼なこと言われたのかな、と信じそうになる確信に満ちた口調。

こういう個性が「実行力」だった時代もあるんだろうな、というのはわからぬでもないのですよね。

 

この直後の文では「ここは公益財団法人で、内閣府が認可をしています。東京都が認可をしたわけではない」とも書いてあるのですが、後に内閣から丸川珠代五輪担当大臣が行ったときも「見せてもらえない」って言っておりましたね。

mainichi.jp

このときは「失礼だから」じゃなくて「守秘義務だから」というふうに理由がちょっと変わってるのも面白い。 

守秘義務」って言った者勝ちなのかな?

 

そもそも私は政財官界から「ほかに引き受ける人がいないから」と頼まれて組織委員会の会長を引き受けたが、自分を育んでくれたラグビーをはじめスポーツへの恩返しや、若者の未来に夢を与えるためである。組織委から報酬は得ていないし、公用車も使用していない。永年、政治家として築いた内外、各界との人脈を活かして調整役になり、日本国に最後のご奉仕をしようという全くのボランティアである。

 

『オリンピック・マネー』に詳細に書かれている内容によれば、新国立競技場建設を口実に高さ規制、景観規制を取り払えば、最後の開発地と言われる神宮外苑周辺の再開発が可能になる。

誰からも監査されない予算を上限なしで使いながら、一等地の再開発に絶対的権力をもてるとあらば、無報酬、手弁当でも他に引き受ける人はいくらでも居るような気がします。

それでも口調がいいからうっかり読んでると「そうなのかな?いい人だな!」っていう気になってくるのが面白い本なのです。

 

 

 

都営霞ヶ丘アパートについては映画にもなっている。この機会にNetflixあたりで配信してもらえたら見たいのだけどな。


www.youtube.com

 

 

冷凍バナナ、冷凍牛乳~凍らせるだけでだいたいなんでも美味い夏


先週末に週間天気予報を見た時点では木曜日以降が30度下回る予報だったので

「厄介事は木曜日以降に」

というスローガンを打ち立てて生き延びることに専念していたところ、火曜日には早々に予報変わって見渡す限り毎日が30度を上回る事態になったので、ただ怠けている人になりました。

クーラーのない室内でどうやって体温を下げるかばかり考える今日このごろです。

 

スーパーなども暑さには苦労してることが伺われ、この時期になるとバナナの見切り品が非常に安くたくさん出回ってます。

ちょうどいい具合にシュガースポットの出た、房のところをカットしてあるやつが大きなパックに入って120円とかで積んである、それを買って来てですね。

一気に全部皮を剥いて大きいジップロックに入れ、ポッカレモンを入れ、牛乳もどぼどぼと入れます。量は適当。

袋の上から手でぐいぐいとバナナを潰しつつ混ぜ、ジップロックを平らにして冷凍庫に。

たぶん3時間くらいで固まるので、そうしたら袋の上から揉んでほぐすと、バナナアイス完成です。

若干変色するので、インスタ映えスイーツにはならないものの、味は非常に良いし、見切り品のバナナを買ってくるぶんにはたいていのアイスよりだいぶ安い。

うっかりしてほぐせないくらいカチカチに固まっちゃっても、たぶん少しレンジにかけて柔らかくすれば大丈夫なので適当にやっておそるるに足らず。

 

というようなことをやっており、ついに

「買ってきたバナナは消費してしまったが、冷たい物を作っておきたい」

という事態が発生、バナナアイスのバナナ抜きに挑戦する日までが訪れたのです。

ジップロックに、牛乳、ポッカレモン、液体パルスイートを入れて、平らにして冷凍庫へ。

凍りかけたら取り出して袋の上から手で揉んでほぐしたら、ミルクシャーベット的サムシングが完成です。

 

カルピスを凍らせた感じの味で、あまり甘くないところが「口の中と身体を冷やすために何か冷たいものが欲しいが無駄に糖分をとりたいわけではない」という夏の夜などに良い具合です。

人にすすめるほど美味しいものかどうかは別として、自分としては「アイスよりむしろこっち」のときが多いです。

この冷凍牛乳、アイスコーヒーに入れてアイスカフェオレにするなどの展開も考えられるところがちょっとおもしろく、暑さには暑さの楽しみあるじゃないかと元気を出している。

 

f:id:rokusuke7korobi:20210722174013p:plain

びっくりするほど見た目に難がある冷凍バナナと冷凍牛乳

 

 液体パルスイート。火を通さないものに甘みを加えたいときはガムシロップより使いやすい。

暑気払い『マッドマックス フューリーロード』~水をっ、水をくださいっ!

暑いときに「暑い暑い」と文句言えるので武士じゃなくてよかったなあ、と実感する真夏日です。

弱い人間は気づいたときにマメに文句言ってかないと比較的すぐ死んじゃうので気をつけていこう。

 

暑さで朦朧とするので『マッドマックス・フューリーロード』を見てます。

 公開時に劇場で見といてよかったなあ、としみじみ思う作品でありますが、これは家で落ち着いて観ても、見るごとに楽しい。

( 「怒りのデス・ロード」という邦題に関しては、気恥ずかしくて使えないまま今に至る)

 

荒廃した世界で、あらゆる資源に飢えた民が「水、水っ!」となってるシーンが、やたら麦茶を飲むことでなんとか正気を保ってるこの季節っぽいではないか、という連想ですよ。

手の届く人のところにだけ無駄な水がじゃーっと降ってくる雑な経世済民とか、今みるとまた一層いろんな示唆に富んでて楽しいな。

 

f:id:rokusuke7korobi:20210719181229p:plain

誰のためにもならないけど一瞬気分が盛り上がる水バラマキ独裁の地獄絵図

 


はじめて劇場で観たときは、あまりにも観たことのない景色が説明もなしに次から次に放り込まれるので

「なんかすごいけど、なんなんだっ?」

と思ったもんですが、落ち着いてみると外しのユーモアがいっぱい入っててなんともかわいい作品だったのね、と思います。

f:id:rokusuke7korobi:20210719184534p:plain

冒頭から結構長い時間「ひどい目にあう」ということ以外ほぼ何もしない主人公

ずっと死にそうな目にあってるうえにほとんど口をきかないマックスが、たまに口を開けば「それ俺の車」とか「それ俺のジャケット」とか、徹底してセコイことしか言わないところ。

獣みたいに「あー」とか「うー」とか言いながら、頭に付けられた鉄製マスクをずーっとヤスリでギコギコ削って外そうとしている貧乏くさい仕草。

英雄なのかと思いきや、母乳で顔を洗ったりなんかするなんか生理的なダサさ、など。

画面全体は超かっこいいのに、マックス本人はどうあっても全然かっこよくなりようがないところがすごくいいですね。

それでも、生き延びてもいいこと一個もなさそうなのに、つい全力で生き延びようとしてしまう本能は、ある種かっこいいと言わざるを得ず、そのいびつな感じは、説教臭さなしになんか心にぐいぐい来ます。

f:id:rokusuke7korobi:20210719184328p:plain

フェリオサに睨み殺されたい

 シャリーズ・セロンのフェリオサがあんまりかっこいいので、最初のうちはフェリオサが実質的な主人公で、マックスは何もしない人なのかなと思ったりもしましたが、何度も見てると、ちゃんとマックスが面白くなってくるところが、またお得感。

 

 


www.youtube.com

 

 

 モノクロームエディションも超好き。

 

塩レモンゼリーとアイスノンの日

かくして世界は意識が遠のくほど暑いわけである。

パソコンに向かっていたのが、突然ガバっと立ち上がって、自分でもなんだかわからずに家中をぐるっと一周してから、またもとのところに戻ってきて座ったりなんかする。

「あれ、なにしにあっち行ったんだっけ?」

と思ったら、どうも無意識に一番涼しい場所を探してるらしく、要するに猫とまったく同じ行動なのだ。

 

午前中の間はずっとウロウロして、各所の室温やら風通しやらを丹念にチェックしてまわっては

「ちょっと暑いんだけど?」

と文句を言いにきていた黒猫も、日が高くなってしまってからはさすがに根をあげ、クローゼットに閉じこもってもう出てこない。

心配なのでたまにそーっと見に行って

「……大丈夫、暑くない?」

なんて声をかけると、わりと露骨に「うるさいなあ」という顔をするのでちょっとへこむのだ。

なんだよ、優しくしあって生きていこうよ。

 

40度に手が届こうかという地域も多い日本列島の中で、30度ちょっと超えたくらいの北海道からあんまりぶーぶー言うのも気がひけるのだけど、一応クーラーという文化のない夏の32度はそれなりにキビしい、ということだけは、念の為主張しておきたい。

 

4小節おきに「あっちーなーっ」と言っているうちに、恐ろしいことに夕方になる。

首の後ろに巻いた保冷剤を取り替える以外になにをしていたのか、いまひとつ記憶がない。

秋までアイスノンの上に頭を載せて本を読む以外、したいことはとくにない。

 

 

 

f:id:rokusuke7korobi:20210718182705j:plain

春くらいからかんてんクックでレモンゼリーを作り続けてるんだけど、この季節は塩をひとつまみ入れると一気にスポーツドリンクの味になって美味しいことを発見した。

 レンジで加熱するので室温も上がらないしなかなかよろしい。

 覚書

1、水400ccにかんてんクック顆粒を小さじ1(3グラムくらい)と塩ひとつまみ、軽くかきまぜる

2、レンジで4分10秒くらい加熱して80度まで上げる

3、サーモメーターでかき混ぜつつ80度超えているのを確認したらレモン果汁をどぼどぼ

4,粗熱取れたら冷蔵庫へ

5,液体パルスイートなどを適宜かけて食べる

 

ほぼ意識が遠のいていても作れるほど大雑把であり、かつ水分補給がはかどる。

『ゴジラvsコング』~途中、三度ほどBLに

なんだか世の中、釈然としないニュースばかりなのでここはひとつガツンといくべきだろうということで『ゴジラVSコング』見てきました。

でっっかいのが、がつんといっててよかったですわー。


www.youtube.com

 

昭和の少年じゃないので

ゴジラキングコングってどっちが強いのかなあ。どきどき」

という無垢なときめきは一切ありませんが、でもどっちもかっこよく撮られてるので

「ちょっと待てよ、どっちがタイプかなあ」

みたいなことは考えました。

 

コングのほうが面構えがそもそも人間に似てるし、体全体の表現力も人間っぽいのでイケメン度は高いのですよね。

そのくせおじさんらしさをちょいちょい入れてくるアピールは忘れず、

「ああ肩があがらない!」

の仕草とか、なかなかたまらないチャームです。

 

 

一方、ゴジラの方は、首の後ろあたりを掻いてやりたくなる「動物っぽいかわいらしさ」が残っていてそれもなかなかいい。

1歳位の身軽な年頃の若い猫がああいう姿勢になるときがあるのよね。

あと、時代を追うごとにサイケになっていく一方なのもおもしろいところです。

クリスマスみたいにビカビカしてて景気がよろしい。

「うーむ、甲乙つけがたい」

などと思いながら見ておりましたら、3回くらいBLっぽいシーンが入っていることに気づきました。

 

戦いの最中に見つめ合って咆哮するシーン、

それからゴジラが「お前……助けてくれるのかっ?」ってなるところ。

そして「ほんとうに、帰ってしまうのか?」とコングが立ち尽くして見つめるところ。

椿三十郎』の三船と仲代と言って過言ではなかったですね、ごちそうさまでした。

 

大きな物と大きな物がぶつがってる映画ですから、小さいことを言うだけ野暮なのはわかった上で面白いからわざわざ言うと、変なところももちろん多かったです。 

あのヘリコプターみたいな乗り物についてる「心停止したコングに、未知の高エネルギー物質から電流を流すために使った、あのアナログなスイッチって、本来なに?」とかね。

人類が見たことないエネルギー物質を「データ解析だけしたらすぐに新兵器の動力に使えます!」って、どういう仕組みになってるの?とかね。

いろいろ突っ込むのもおもしろいけど、そういうことじゃないんですよ。すいません。

 

あと、小栗旬が白目を剥くシーンはすごい。

ちはやふる』の広瀬すずの白目もかなり感動したけど、役者さんってみんなあんなことができるんだろうか。

小栗旬広瀬すずは日本の白目ムキストの二大巨頭と言えるであろう。

 

感染症対策であれするなこれするな、酒飲むな映画見るな、でも運動会だけやるぞ、ってなってる中、

久しぶりに大きなスクリーンで大きな物がバーン、バーン、ギラギラびかぴかっ、重低音音楽ビリビリ~っ、ひゃほー。ってなってる映画を見るのは、たいへんによかったです。

 

 

GODZILLA ゴジラ(吹替版)

GODZILLA ゴジラ(吹替版)

  • アーロン・テイラー=ジョンソン
Amazon

 復習兼ねて見直したギャレスゴジラ

実はこれも公開当初に劇場で観ている。

ゴジラが出てくるまで引っ張って引っ張って、満を持して歌舞伎役者のようにどーん大見得切って出てくる映画」って記憶してたんだけど、

家で一人で観てるとゴジラ登場までの一時間が長すぎて耐えられなかったので

「劇場でみるってのはそういうことなのだ」と改めて認識した。

 

夏に育ちゆく生命体

すくすくと育って楽しかったプランターの豆苗栽培も、二回目を再収穫したあたりから

「……なんかすごい草食べてる?」

という味に変わってきた。

青臭くてちょっと苦い。

それほど積極的に食べたくなる味でもないので、じゃあもうあとは猫に好きなだけ食べさせてやろうか、などと余裕でみていたら、ちゃんと猫も食べるのをやめた。

日頃からろくに味わいもしないでなんでも丸呑みしてるように見えるが、見た目よりは味覚がわかって食べているらしいことが判明。

このままの勢いで育てていってえんどう豆として収穫して、来年またプランター豆苗畑を作る方針に切り替えてもいいが、大きく育てるには密接に生えすぎのような気がする。

どうしたらいいのか、この曖昧な密林。

f:id:rokusuke7korobi:20210714205500p:plain



 

近所の池に初夏、カモの子どもが産まれてそれがあっと今に大きくなってしまったのがちょっとさみしい。

なんてことを思っていたら、いつの間にかまたチビがたくさん産まれていた。

「こんな、暑くなってからまだまだ産まれたりするものか。がんばれよー」

小さい生き物が成長しようとするのを応援したくなる心情というのは、我々にあらかじめインストールされているプログラムなのかもしれない。

植物でも鳥でも猫でも、大きくなってから憎たらしくなる可能性をはらんでるとしても、やっぱり大きくなることそのものはほぼ反射神経でめったやたらと応援してしまう。

動いても、動かなくても、出遅れてても、フライングしても、何しててもかわいい。

うらやましい。

f:id:rokusuke7korobi:20210714205545j:plain

 

 

道すがら、名前のわからない花がとても見事な赤い染まり方をしている。

見ていたら、みんな同じところで足を止めて写真を撮るのがうれしく、

「はっはっはっ、どうです。きれいでしょう?」

という謎の上から目線でシンパシーを送信する。

もちろん、誰も受信しない。

f:id:rokusuke7korobi:20210714205615j:plain

 

冷蔵庫の中のゴリラ ~ずっとそこに居ていいからもう話しかけないでくれ

最近のアマゾン購入履歴の中から、1ミリたりとも人におすすめしないもののお話。

冷蔵庫の中のゴリラです。

 

冷蔵庫のドアポケットの中に麦茶ポットを並べて置く季節が到来。

我が家の麦茶用の冷水筒は、たまに持ち手のところが庫内の食品と接触してドアがきちんと締まりきらない現象が発生します。

麦茶を作りおくような季節は、冷蔵庫を半開きにしておくのが一番まずい季節でもあります。

 

冷蔵庫のドアがきちんとしまっていないときに知らせてくれるアラームのようなものがないかと探したのですが、どうも最近のセレブが使う冷蔵庫はそもそも半開きアラームがついてるものが多いようで、あとから付けるようなアラームで手頃な値段のものというのが意外にみつかりません。

 

それでもとりあえず見つけたのが、この冷蔵庫の中でしゃべる謎の動物。


www.youtube.com

 

冷蔵庫に入れておくと、開けるたびに何かしら喋りかけてきて、開けている時間が長いと文句を言ったりするようです。

本来的な機能が半ドアアラームではないっぽいものの、そういう役割も当然、果たしてくれるのではないかと思った次第。

 

冷蔵庫に入れた初日は「ごーきげんいかがー?」なんて言われるたびに「まぁまぁ♪」なんて答えたりして仲良くやっていました。

陽気な生き物が部屋の中にいるというのは悪い気しないではないか。

 

ところが、これも塩梅の難しいもので、冷蔵庫開けて「たまには運動もしてる?」「してるよー」なんて仲良くやりながら麦茶を出して冷蔵庫を締めて、コップに注いで麦茶ポットしまうためにもういっかい冷蔵庫開けたら「あら、また会ったわね」なんて言われると、二回目はもう答えるの面倒くさいし、でもさっき軽快に答えてしまっただけに無視するのも気まずい。

中途半端な感じでそーっと冷蔵庫を閉めると、中で孤独なゴリラが泣いているような気がしてくる。

そんな感じがずっと続くと、もはやこの家は自分のものでなくてゴリラのものだったような気分にすらなってきます。

 

そうは言っても使ってるうちに慣れるかなあ、と思っていたら今度はなぜか「喋る時と喋らない時」が出始めました。

しばらく静かだったので存在を忘れ始めたころに、急に「今夜は何を作るのかしら?」なんて話しかけられたら日には、こっちだって「誰だっ!」となります。

そもそも、考えてみれば光に反応するセンサーがついていて、明るくなればランダムなセリフをしゃべるようにできているものですから、半ドアのように「庫内の明かりはつかない状態」に対してはまったく何の意味もなさない道理。

 

ついに、

「これはうるさい上に、実用的な意味はないね」

という結論に到達してしまいます。

それでも短期間だったとはいえ、たがいに愛想よく挨拶を交わしていた間柄であるゴリラを、故障したわけでもないのに今更捨てるというのも妙に胸がざわつくものがあって捨てにくい。

役に立たない上に、うるさい上に、捨てにくい。

どうしたらいいんだ。

これはいったいどうしたらいいんだ。

f:id:rokusuke7korobi:20210711204654j:plain

 

 

頭を抱えながら麦茶ポットを取っ手のないタイプに買い替えたのでありました。 

 なんで先にこっちを思いつかなかったのか……。

 簡単な結論だったのにっ!